それぞれの取り立ての違い

消費者金融と闇金の違いは法律に基づいて運営をしているかどうかです。貸金業として正式に登録している消費者金融と違い、闇金は違法な金利で貸付けを行います。お金を借りる時の不安の1つに取り立てがありますが、消費者金融の取り立てと闇金の取り立ては全く違います。

 

消費者金融の返済が遅れると、メールや電話で確認の連絡がきます。しかし、余程悪質なケースでなければ、職場や家に押しかけてはきません。契約時に住所や連絡先は伝えていますが、わざわざ訪問するわけではないのです。訪問が禁止されているわけではないのですが、第三者に借入れが知られるような行為が禁止されています。

 

消費者金融側は下手をすれば営業停止になる場合もあるので、かなり気を使います。強引な取り立ては基本的にありません。

 

一方闇金の場合、取立て方法は何でもありです。威圧的な態度や怒鳴り声も平気ですが、法律を守る気がそもそもありません。それでも本人に対してだけの取り立てであれば、まだ我慢できるという人もいるでしょう。

 

しかし、闇金は家族や職場へも平気で取り立てを行います。自分の身内にまで迷惑もかかりますし、闇金でお金を借りているのが第三者に知られてしまうと、社会的信用も失ってしまいます。

 

銀行も実際には消費者金融と同じ

カードローンを利用する上で候補にも挙げられる銀行での借入れは、返済面の安心感でも消費者金融よりも強いと考えられています。銀行なら安心、返済に困ってもそこまで厳しい対応はされないと考えている方もいますが、実際には銀行で借りても消費者金融で借りても、返済に関する取立ての部分では違いはありません。

 

というのも、銀行の貸付けは審査や返済に関わる部分は保証会社が中心となって行うため、返済が長期に渡ってされないとなれば銀行ではなく、保証会社となる消費者金融や信販会社からの取立てを受けることとなります。銀行なら安心、銀行だから大丈夫だろうといったことはなく、実際には違いはないとも言えるのです。

 

保証会社が消費者金融系と信販系となるオリックス銀行カードローンの契約においても、返済がされないとなると以後のやり取りはオリックス銀行ではなく保証会社となるため、結局は銀行であっても消費者金融からの取立ては受けます。ただ、闇金とは異なるために違法な取立てを受けるわけではありません。